学校生活について

「課題解決型学習3つのステップ」を通じて、人間力とコーディネートスキルを習得。「誰かのために何かをしたい」という気持ちを大切にする人材を育成します。

Features特長

当校ではプランニング以外にも衣裳やメイク、フラワーなどの知識、さらには効果的なプレゼンテーション方法まで幅広く学習。コースに分かれず最後までトータルで学ぶ「総合学科」だからこそ、多種多様なニーズに対応できる人材を育成できるのです。

特長

Lesson授業について

社会人基礎力[プロデューススキル]

社会人基礎力[プロデューススキル]

学生が自分の力で商品やイベントを企画し、発表する授業を実施。物事をトータルでプロデュースする力を身につけます。

基礎学力[ビジネススキル]

基礎学力[ビジネススキル]

情報リテラシーやプレゼンテーションスキルなど、社会に出る上で必要なビジネスについての基本を身につけます。

専門知識[コーディネートスキル]

専門知識[コーディネートスキル]

フラワーやドレス、音響演出など、ブライダル商品知識について幅広く学習。どんなニーズにも答えられるような知識を養成します。

基礎学力[ビジネススキル]

人間性・基本的な生活習慣[ホスピタリティ]

クラスやチームで協力してひとつの課題に取り組み、解決する経験を通して、マナーや思いやりの心などの人間力を高めます。

Step3つのステップ

授業で身についた知識を実践するために、3つの成果発表を用意。題解決型学習により、無理なくステップアップできるプログラムで段階的に成長することができます。

企画立案から当日の進行管理まですべてを学生が担当

挙式、披露宴を創りあげる「バーチャルウエディング」に挑戦。まずは新郎新婦役である2年生の要望を伺うカウンセリングからスタートします。披露宴のすべてを自分達でやり遂げた後には、達成感で涙ぐむ学生も。

授業で学んだ新規接客の技術をコンテスト形式で競う

「セールスプロモーション」の授業で座学・実技を通して学んだ新規接客の技術を競う「セールススキルコンテスト」。新規接客を円滑に行うための『コミュニケーション能力』、ご要望をしっかりと受け止める『傾聴力』、お客様の情報・価値観・ご要望を引き出す『質問力』を中心に審査します。

絆や人と人の繋がりを実感できる本物の結婚式をプロデュース

2年次秋期には実際のカップルから依頼を受け、本物の結婚式をプロデュースする「リアルウェヂング」を実施します。失敗の許されない緊張感のなか、ご新郎ご新婦の想いを参列者に伝えるお手伝いをします。学年で組織を編成し、結婚式を成功させます。

Curriculumカリキュラム

 科目名1年次2年次
教養科目キャリアガイダンス
ビジネスプレゼンテーション
ITビジネス
ライフプランニング
ビジネスマナー
おもてなし手話
語学科目ブライダル業界英語
中国語
専門科目ブライダル産業知識
ブライダル業界研究
ブライダルワークセッション
ブライダル業界マーケティング
セールスプロモーション
ユニバーサルサービス
色彩心理
プロデュース演習
ブライダル料飲実務基礎
ブライダル料飲実務上級
婚礼宴会実務
ウォーキングレッスン
コンセプトメイキング
フラワーコーディネート
婚礼衣裳
セルフビューティ
ブライダルヘアメイク
プランナー/メイク/衣裳/装飾(選択)
企業実習

※ カリキュラムは変更になる場合があります。

Time Table時間割例

1限 10:00〜11:30/2限 11:40〜13:10/3限 14:00〜15:30/4限 15:40〜17:10

1年次前期
1休日ビジネス
プレゼンテーション
キャリアガイダンス
2おもてなし手話プロデュース演習ビジネスマナーフラワー
コーディネート
昼休み
3ブライダル
業界研究
コンセプト
メイキング
ウォーキング
レッスン
ブライダル
料飲実務基礎
4婚礼衣裳-セルフビューティブライダル
業界英語
2年次前期
1休日--ITビジネス-
2中国語婚礼宴会実務セールス
プロモーション
ブライダル
業界マーケティング
昼休み
3ブライダル
産業知識
コンセプト
メイキング
ブライダル
ヘアメイク
婚礼衣裳
4プロデュース演習フラワー
コーディネート
--

Voice在校生の声

人の幸せに関わることを夢みて念願のウエディングプランナーに

中村 巴南さん
市立甲府商業高校(山梨)出身
(株)ノバレーゼ内定

誰かの幸せに寄り添えるウエディングプランナーになりたいと思い東京ブライダルに入学しました。プランニングはもちろん、装花や衣裳など総合的に学習していく中で印象に残っているのは成果発表です。私は挙式のアテンドを担当したのですが、事前にお客様にお答えいただいた内容をもとにお話を聞いていく大変さや、責任をもって役割を果たすことの重要性を知りました。学校での経験を通し、ウエディングプランナーになりたいという気持ちはより一層強くなったと感じます。

授業を通してドレスの魅力を知る。学びを活かしコーディネーターの道へ

平沢 夏菜さん
私立東海大学付属浦安高校(千葉)出身
Ar.YUKIKO内定

入学当初は新郎新婦と長く関わり合えるウエディングプランナーを目指していました。しかし、授業内で友達に似合うドレスを選んだことがきっかけで、衣裳にも興味をもつように。勉強していく中で、ドレスコーディネーターもウエディングプランナーと同じくらいお客様と関わっていくのだということを知りました。就職活動ではドレスコーディネーターへと進路を変更。希望していた企業から、内定をいただくことができました。

性別関係なく、皆が真剣にブライダルに向き合う環境

沖野 大河さん
私立山村学園高校(埼玉)出身
(株)八芳園内定

入学当初は、女性が多い環境でうまく輪に入れるか心配で、女性との接し方が分からず戸惑ったこともあります。しかし、模擬挙式やバーチャルウエディングの際、より良い式を作るために意見をぶつけ合う中で自然と打ち解けることができました。男性の先輩や先生も、自分の悩みに寄り添ってくれたので、早い段階で当初の不安は解消されました。動機や性別よりも、ブライダルの仕事がしたいという強い思いがあることが何より重要だと思います。

Menu