経済サポート制度

Support学費減額の各種制度

AO奨学金

AO入学選考にエントリーして合格した方は全員、以下の金額が1年次の授業料より減額されます。

昼間部:10万円
夜間部:5万円

指定校特別奨学金

指定校推薦入学選考で受験して合格した方は全員、以下の金額が1年次の授業料より減額されます。

昼間部:10万円
夜間部:5万円

AO選抜生制度

第5回面接(8月3日)までのAO入学選考で合格している方が対象です。就職活動で重要となる自己表現力を評価し、入学後に在校生の見本となって欲しい学生を選抜する制度です。今までの経験・特技を入学後の学生生活にどう活かしていきたいのか、をプレゼンテーションしてもらいます。プレゼンテーションには何を使っても自由。あなたの将来に向けての夢・思いを熱く語ってください。免除額は1年次の授業料が対象です。

【選考方法】
5分間のプレゼンテーション

【免除額】
昼間部:30万円
夜間部:15万円

【選考日と募集定員】
選考日:8月16日(木)
選考結果発表日:9月3日(月)郵送
募集定員:30名

特待生制度

すべての入学選考でどなたでも受験可能な特待生制度は、筆記試験の結果で最大100万円の授業料が減額されます。

選考方法

1.筆記試験 40分(英語15問、一般常識35問/四択から解答)
2.書類審査

免除額

合格ランク特待生 A特待生 B特待生 C
昼間部100万円50万円20万円
夜間部50万円25万円10万円

選考日と募集定員

 第1回第2回第3回第4回第5回第7回第9回第11回第14回
入学選考日10/6・7
(土)(日)
10/14 (日)10/21 (日)10/28 (日)11/ 4 (日)12/ 2 (日)1/ 13 (日)2/ 10 (日)3/ 10 (日)
募集定員30名以内20名以内

※募集定員は、ホスピタリティ ツーリズム専門学校と東京ブライダル専門学校の昼間部・夜間部合計人数です。
※再受験はできません。入学選考と同日での受験となります(AO入学選考の方は第1回または第2回で受験ください)。

英語資格取得奨学金制度

トラベルジャーナル学園が目指す「国際人育成」の方針のもと、本学園が定める所定の英語資格を入学までに取得された方に対して、最大20万円の授業料が減額される制度です。

資格基準

 昼間部夜間部
実用英語技能検定2級以上またはTOEIC®500点以上 国連英検B級、TOEFL(iBT)®50点以上20万円10万円
実用英語技能検定準2級またはTOEIC®450点以上5万円2万5千円

申請方法

出願時願書とともに、合格証書またはスコアシートのコピーを同封してください。
出願後出願後、本学園入学までに取得された場合(準2級→2級なども含む)は、至急入学相談室までご連絡頂き、2019年3月29日(金)までに合格証書またはスコアシートのコピーをご提出ください。

家族推薦入学制度

受験生の両親・兄弟姉妹が本学園卒業生の場合、施設設備費(昼間部30万2千円、夜間部15万1千円)を2年間免除します。願書提出の際に、該当するご親族の本学園卒業証書のコピーまたは住民票を同封願います。

Study Abroad留学制度について

長期留学制度奨学金

トラベルジャーナル学園が目指す「国際人育成」の方針のもと、2019年4月入学生でアメリカ長期留学制度、台湾長期留学制度を利用される方に対し、「長期留学制度奨学金(アメリカ100名、台湾20名定員※1)」として、留学時の学費を61万8千円減額できる制度です。学費98万円※2でアメリカや台湾への長期留学が可能になります。

※1 トラベルジャーナル学園(東京・大阪)の合計です。定員は先着順となります。
※2 渡航・手続費用や現地でかかる費用については、「留学制度」のページをご覧ください。

Night School夜間部のサポート

社員寮利用制度

ホテルが所有する社員寮に住み、そこで入寮実習生として働きながら通学するという本学園独自の制度です。毎月の寮費は2万円程度と格安のため、東京で一人暮らしを希望し、かつ自力進学をお考えの方に最適の制度です。

応募条件この制度を利用する方は、①~⑤のすべての条件を満たす必要があります。
①入寮実習期間として定める2年間を継続して勤務できる方、心身ともに健康な方
②自宅通学が不可能な方(基本首都圏以外に居住の方)
③夜間部に出願し、本学園が別途定める期日までに入学手続きを完了できる方
④2月上旬~3月上旬に企業との面接を受けることのできる方
⑤保護者の同意が得られる方(未成年者の方のみ)
注意:長期留学制度利用の場合には、入寮期間は『1年次の1年間(限定)』となります。
待遇給与…時給958円~(企業により異なりますが月収にして10万円前後が目安)
勤務時間…1日8時間程度(勤務時間は早朝7:00~が基本)
休日…月8日間程度
※勤務体系は「変則シフト勤務制」ですので、早朝からの勤務や、土・日曜、祝日も勤務することがあります。
申し込み期限第2回入学選考まで 2018年10月5日(金)
申し込み方法と勤務までの流れ①社員寮利用制度申請書をAOエントリーシートまたは願書とともに提出
②AOグループ面接日、入学選考日(指定日)、または夜間部特別イベントにて面談を実施
③面談の結果通知を本学園から送付
④事前説明会への参加・手続書類の配布
⑤書類を本学園へ返送
⑥2月~3月上旬に受け入れ企業が決定次第、企業との面接・適性検査を受験
⑦合格後、引越し
⑧4月1日より勤務開始(企業により前後する場合があります。)

※入寮実習先企業に就職する義務は一切ありません。
※最終的に企業との面接(適性検査)に合格した後入寮実習生となります。
※1年間(1~12月)の合計所得によっては扶養控除対象から外れる場合があります。
 (勤務状況によっては月10万円を下回る場合もあります。)
受け入れ先企業
【順不同】
京王プラザホテル/庭のホテル/浅草ビューホテル/横浜ロイヤルパークホテル など

夜間部企業紹介制度

旅行会社やホテル、結婚式場など観光・ブライダル関連企業に勤務し、毎月定期収入を得ながら通学できる制度です。1年間継続して勤務するため、社会人としてのマナーや社会常識も同時に身につきます。

応募条件この制度を利用する方は、①~④のすべての条件を満たす必要があります。
①企業が指定する勤務体系にて1年間継続して勤務できる方、心身ともに健康な方
②夜間部に出願し、本学園が別途定める期日までに入学手続きを完了できる方
③2月下旬~3月上旬に企業との面接を受けることのできる方
④保護者の同意が得られる方(未成年者の方のみ)
待遇給与…時給958円~(企業により異なりますが月収にして10~13万円が目安)
勤務時間…1日8時間程度
休日…月8日間程度
※ホテル・ブライダル企業に関しては、勤務体系は「変則シフト勤務制」ですので早朝からの勤務や、土・日曜・祝日も勤務することがあります。
申し込み期限第7回入学選考まで 2018年11月22日(木)
申し込み方法と勤務までの流れ①夜間部企業紹介制度申請書をAOエントリーシートまたは願書とともに提出
②AOグループ面接日、入学選考日(指定日)、または夜間部特別イベントにて面談を実施
③面談の結果通知を本学園から送付
④必要書類(申込誓約書・履歴書)を本学園から郵送
⑤事前説明会への参加
⑥制度利用に必要な書類を本学園へ返送
⑦2月~3月上旬に受け入れ企業が決定次第、企業との面接・適性検査を受験
⑧4月1日より勤務開始(企業により前後する場合があります。)

※最終的に企業との面接(適性検査)に合格した方が対象となります。
※1年間(1月~12月)の合計所得によっては扶養控除対象から外れる場合があります。
※勤務先企業に就職する義務は一切ありません。
紹介先企業
【順不同】
【旅行関連】日本旅行/京王観光/KNTビジネスクリエイト/ケイライントラベル/国際興業グループ/トッパントラベルサービス/双日ツーリスト/エヌオーイー/西鉄旅行/IACEトラベル/菱和ダイヤモンド航空サービス【運輸関連】富士運輸/日本レストランエンタープライズ【ホテル関連】セルリアンタワー東急ホテル/ロイヤルパークホテル/ヒルトン東京/ホテルニューオータニ/ハイアットリージェンシー東京/パークハイアット東京/羽田エクセルホテル東急【ブライダル関連】リビエラ/八芳園/目黒雅叙園/ポジティブドリームパーソンズ【テーマパーク関連】サンリオピューロランド/東京ドーム など

家賃補助制度

本学園に入学する学生のうち、自宅外通学を予定している学生の経済的負担を軽減することで学業により専念できる環境を整えることを目的としています。

 詳細
給付金額年額24万円(毎月25日支給) 2万円×12ヵ月 ※返済不要
給付期間2年間(長期留学制度利用者は留学期間を除く2年間)
募集定員25名(両校合計) ※募集定員になり次第締め切ります。(先着順)
募集期間2018年6月1日(金)〜11月30日(金)
申請資格者社員寮利用制度を利用せず、以下の条件をすべて満たす者(既卒者除く)
①本学園夜間部を志望し、一人住まいをする者
②家族(自宅)が首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)以外に居住する自宅外通学者。または家族の居宅(自宅)から本学園までの交通機関の所要時間が片道120分以上を超える自宅外通学者で、一般の賃貸住宅(学生寮・学生会館含む)入居予定者。
③主たる家計支持者の年収が650万円未満(事業所得者は350万円未満)で、経済的支援を必要とする者※給付対象に該当した場合は、前年度所得証明書を提出して頂きます。
④2018年4月〜11月までにオープンキャンパス、個別学校見学、各種イベント、または本学園が参加する進学相談会に参加した者
申し込み方法オープンキャンパス、個別学校見学、各種イベント、進学相談会時に配布される申請書、前年度所得証明書を併せて、郵送または持参。
選考方法受付順に書類選考。選考結果は受付後2週間以内に書面にて通知します。
その他入学前に支給口座の開設、賃貸契約書のコピーを提 出していただきます。必要書類の未提出、不正申請の発覚、在学中の成績・出席不良などの場合、給付資格が停止となります。

夜間部卒業後学費返済制度

夜間部卒業後学費返済制度は「トラベルジャーナル学園」と提携ローン会社による学費サポートローンです。夜間部入学時に必要な「施設設備費」も授業料と併せて借りることが可能です。

 詳細
応募条件この制度を利用する方は、1〜3のすべての条件を満たす必要があります。
①本学園の夜間部を第一志望としている方。
②本学園の主催するオープンキャンパスや個別学校見学に参加した方。
③保護者が提携ローン会社のローンを申し込める方。
募集定員50名程度 (両校合計)
※募集定員になり次第締め切ります。
申し込み期限第10回入学選考まで2019年1月18日(金)
借入金額施設設備費用を含む2年間にかかる学校納入金額以内。ローンの審査が通らなかった場合、この制度はご利用頂けません。
審査提携ローン会社(株式会社オリエントコーポレーション)が審査します。
返済期限卒業後4月からローンの返済を開始し、10年以内に返済して頂きます。
※月額の返済額は個別に設定することが可能です。
利息実質年率4.0%(固定金利)2017年12月現在
※在学期間中の利息は本学園が負担します。
※実質年率は経済状況により変更になることがあります。
申し込みから返済までの流れ
①入学願書の所定の欄に印を記入して提出してください。(定員になり次第締め切りとなります。)
②入学選考合格後、必要書類をご郵送いたします。
③本学園へ「夜間部卒業後学費返済制度申請書」をご提出頂き、併せてローン会社に学費サポートローンの申請手続きを行って頂きます。
④ローン審査が承認されましたら、ローン会社より本学園に学費が支払われます。※ローン申請は1年ごとのため、進級時に再審査が必要になります。
⑤在学期間中の利息は、本学園がすべて負担いたします。
⑥卒業後の4月から、ローンの返済が開始されます。ローンの返済は最長で10年です。※退学・休学をした場合、退学・休学をした月をもって学校からの利息の補給は終了します。

夜間部学費分割払い制度

1年間の授業料を12回に分割して支払うことのできる制度です。月々54,000円で進学が可能になります。

 一括納入2回分割納入12 回 払 い
入学手続き時799,000円475,000円151,000円
2回目納入時-324,000円-
12回分納--54,000円×12回
学費合計799,000円

Others学費・その他サポート

昼間部学費分割払い制度

日本学生支援機構の第二種奨学金の予約採用を申し込み、2019年3月31日までに採用が決定された方を対象にした学費を分納できる制度です。

対象者

独立行政法人日本学生支援機構の第二種奨学金(有利子)の予約採用決定者で、奨学金の貸与月額が10万円以上の方に限ります。

納入金額

1年次[入学手続き時] 施設設備費 302,000円 + 授業料の一部 196,000円=498,000円
[授業料] 100,000円×11回
2年次[進級時] 施設設備費302,000円+授業料の一部196,000円=498,000円
※1年次2月末
[授業料] 100,000円×11回

※入学手続き時と進級時の納入金については金融機関のローンもご利用頂けます。
※入学後の途中申し込みはできません。長期留学時の学費は対象外となります。
※途中退学の場合は、全額納入して頂きます。
※口座引き落としとなります。口座振替手数料は本学園が負担します。

公的奨学金制度(日本学生支援機構)

本学園に在籍する学生は、日本学生支援機構の奨学金制度の申込が可能です。奨学金の内容については、下記表を参照してください。なお、高校在学時に「事前予約申込」ができますので、在籍高校にて詳細をご確認ください。

 第一種奨学金第二種奨学金
貸与月額自宅通学
20,000円、30,000円、40,000円、53,000円
のいずれか
20,000円〜120,000円から
一万円単位で自由選択
自宅外通学20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円
のいずれか
貸与期間2年間2年間
利率無利子有利子(年利3%の範囲内)

※【注意】定員および審査がありますので、申込者全員が適用されるわけではありません。
詳しくは日本学生支援機構のHPをご覧頂くか、本学園までお問い合わせください。
トラベルジャーナル学園 学費相談窓口 TEL 03-5386-0941

各種教育ローン

本校では、日本政策金融公庫による「国の教育ローン」および提携ローン会社による「提携教育ローン」をご利用いただくことができます。

日本政策金融公庫(国の教育ローン)

条件原則として申込者は学生の保護者。全年度の世帯収入が790万円以内(事業所得者590万円以内)であること
融資金額350万円以内
返済期間15年以内(交通遺児家庭または母子家庭の方は18年以内)
融資利率年1.81% ※母子家庭または世帯年収200万円以内の方は1.41%(2017年4月現在)
お問い合わせ教育ローンコールセンター 0570-00-8656

金融機関の提携ローン

詳細は下記ローン会社へ直接お問い合わせください。

(株)オリエント
コーポレーション
(株)セディナ(株)ジャックス
ローン対象者
(保護者)
65歳未満定職あり65歳未満定職あり65歳未満定職あり
年間ご利用限度額100,000円~
1年間の学費内
100,000円~
1年間の学費内
200,000円~
1年間の学費内
ローン期間ステップ期間(在学期間)を含最長10年間
返済日毎月27日毎月26日毎月27日
返済日毎月均等分納払い
ボーナス併用分納払い
(借入金額の半分まで)

(借入金額の半分まで)

(借入金額の半分まで)
ステップアップ分納払い
実質年利4.0%4.0%4.0%
お申込方法お申込はこちらお申込はこちらコンシューマーデスク
TEL:0120-338-817

TEL:0120-964-147

Menu